産経ニュース

「日本一暑いまち」群馬・館林に暗雲? アメダス6月移設でどうなる!?関係者冷や汗 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


「日本一暑いまち」群馬・館林に暗雲? アメダス6月移設でどうなる!?関係者冷や汗 

館林消防署の駐車場の一角にあるアメダス=群馬県館林市 館林消防署の駐車場の一角にあるアメダス=群馬県館林市

 全国有数の「暑いまち」として知られる群馬県館林市。真夏になると連日35度以上の猛暑日を記録し、埼玉県熊谷市や岐阜県多治見市などと「暑さ日本一」をめぐってバトルを繰り広げていたが、その根拠となるアメダス(地域気象観測システム)が6月にも同市内の別の場所に移設されることになった。ネット上では「高温になりやすい場所にあるのでは」「ずるい」などと疑問の声があがっていただけに、今夏の観測気温に注目が集まりそうだ。

館林は「ずるい」!?

 現在のアメダスは同市美園町の館林消防署駐車場の一角にある。観測機器自体はフェンスと低木で囲われているものの、駐車場やアスファルト舗装の道路と隣接。地面が芝生ではなく、防草シートで覆われている。実際にアメダスの近くに立つと、駐車場の車やアスファルトの照り返しでじわじわと熱を感じる。近くには集合住宅もあり、風通しもさほど良くない。

 こうした設置状況にインターネット上では「(アメダスが)高温になりやすい場所にあるのでは」などと暑さを疑問視する声もあった。また「館林 気温」と検索すると、並べられた関連キーワードに「ずるい」という言葉が最初に出てくる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「日本一暑いまち」群馬・館林に暗雲? アメダス6月移設でどうなる!?関係者冷や汗 
  • 「日本一暑いまち」群馬・館林に暗雲? アメダス6月移設でどうなる!?関係者冷や汗 

「ニュース」のランキング