産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】「仲間」を作ることのメリットとデメリット

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
「仲間」を作ることのメリットとデメリット

合同企業説明会の会場では、リクルートスーツの学生が企業のブースに集まった=3月1日、大阪市住之江区(前川純一郎撮影) 合同企業説明会の会場では、リクルートスーツの学生が企業のブースに集まった=3月1日、大阪市住之江区(前川純一郎撮影)

 「就職活動は1人で行うもの」と考えている学生は意外と多く存在します。しかし、働いたことがない学生にとって、1人で全てやるのは限界があります。そこで今回は就活する上で、「就活仲間」の是非について話したいと思います。

 就活仲間は、さまざまな企業の情報を交換したり、選考の情報を共有したりするなど、切磋琢磨(せっさたくま)し合える仲間のことです。大学によっては「就活支援団体」が存在しており、彼らが提供する講座を受講しながら、仲間を積極的に作る学生もいるようです。所属しているサークルのメンバー間で就活仲間を作ったり、企業のインターンシップ先で出会った外部の学生と連絡を取って仲間を作ったりすることは、非常に有意義なことと考えられます。

 毎年、就活生を見ていると、1人で突っ走ってしまう学生よりも、周りと協力しながら就活に臨む学生の方が、モチベーションを保ちながら最後まで頑張り続けることができていると感じます。

 また大学受験と異なり、就活には偏差値のような明確な基準がないため、現在の準備状況が誤っていないのか判断できないまま本番を迎えてしまう学生も多いと思います。内定塾の講師としての見解は、就活仲間は必要です。その上で就活仲間のメリットとデメリットについて紹介させていただきます。

 【就活仲間を作るメリット】

 (1)情報の量が増える

 (2)エントリーシート(ES)添削や他己分析などができる

続きを読む

「ニュース」のランキング