産経ニュース

【中東見聞録】エジプト大統領、強まる独裁度…2期目シーシー氏はムバラク氏を上回るか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中東見聞録】
エジプト大統領、強まる独裁度…2期目シーシー氏はムバラク氏を上回るか

カイロ市内に掲げられたシーシー氏の巨大ポスター=3月25日(AP) カイロ市内に掲げられたシーシー氏の巨大ポスター=3月25日(AP)

 ムバラク時代の2010年に行われた議会選で、NDPの候補同士で議席を争っていたケースを取材したことがある。候補の一人に、遺恨が残りかねない戦いをどう決着させるのかと尋ねると、「最後は大統領が決めるだろう」と話していたのが印象的だった。票の操作が常態化していたとされるエジプトの選挙では、最終的な当落はムバラク氏次第-というわけだ。

 ただし、裁定があまりに一方的なら、不満分子を増やすことになる。ムバラク氏は、党内の勢力バランスが大きく崩れないよう振る舞う必要があったのだ。民主化を抑制し、NDPを肥大化させた結果だとはいえ、「独裁」イメージとは裏腹に、ムバラク氏は党に一定の“気遣い”をせざるを得ず、それが独裁の歯止めとなっていた面がある。

深まる軍への依存

 一方、現在の同国議会は、多くの党派が林立しているが、シーシー氏は無所属だ。フリーハンドで迅速な意思決定を行いたいとの考えからと思われる。実際、シーシー氏は大統領就任後、早々に長年の懸案だった政府補助金のカットや為替自由化といった大胆な改革に踏み切っている。

 半面、党という政治基盤を持たないシーシー氏は、軍への依存を深めた。スエズ運河拡張などの大規模土木工事を次々と打ち出すが、請け負うのは多くが軍傘下の企業だ。ムバラク時代も国内総生産(GDP)に占める軍関連の経済規模は「約4割」(NDP元最高幹部)に上るといわれたが、現在はその比率がさらに高まっているとの指摘もある。

続きを読む

このニュースの写真

  • エジプト大統領、強まる独裁度…2期目シーシー氏はムバラク氏を上回るか
  • エジプト大統領、強まる独裁度…2期目シーシー氏はムバラク氏を上回るか
  • エジプト大統領、強まる独裁度…2期目シーシー氏はムバラク氏を上回るか

「ニュース」のランキング