産経ニュース

【野党ウオッチ】新党「国民民主党」の無残な船出 合流前より低い「支持率1%」の惨状

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
新党「国民民主党」の無残な船出 合流前より低い「支持率1%」の惨状

国民民主党を結党後、初めての街頭演説に臨んだ大塚耕平(左)、玉木雄一郎両共同代表。大塚氏は「支持率に一喜一憂しない」と述べたが…=14日午後、東京・有楽町 国民民主党を結党後、初めての街頭演説に臨んだ大塚耕平(左)、玉木雄一郎両共同代表。大塚氏は「支持率に一喜一憂しない」と述べたが…=14日午後、東京・有楽町

 民進党と希望の党による新党「国民民主党」が7日、結成された。両党所属議員107人全員の合流を目指したが、ふたを開けてみれば新党参加者は衆院39人、参院23人の計62人にとどまった。最新の世論調査では、党支持率1%というなんとも残念な結果となり満身創痍の船出となった。いったいこの党はいつまでもつのか。そんな声すら聞こえてくる。

 「いい政党ができた! いい仲間が集まった! そして党内の雰囲気がすごく明るい!」

 玉木雄一郎共同代表(49)は14日午後、JR有楽町駅前の広場で行った結党後初めての街頭演説で、こう声を張り上げて支持を訴えた。玉木氏と並んで街頭に立った大塚耕平共同代表(58)も「新しいチャレンジに60人以上の仲間が集まってくれたと感動している」と語った。

 だが、厳しい船出であることは明らかだ。ある党幹部は「新党参加者が予想以上に少なかった。本当は80人で新党をスタートしたかった」と漏らす。想定を下回った理由は、1月の民進、希望両党の統一会派交渉が決裂したことで結党時期が遅れたことに加え、立憲民主党による引き抜き工作が行われたことが原因と分析する。新党が野党第一党に届かなかった上に、党内にまだ離党予備軍がいることから、今後さらに勢力が縮小する可能性がある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 新党「国民民主党」の無残な船出 合流前より低い「支持率1%」の惨状
  • 新党「国民民主党」の無残な船出 合流前より低い「支持率1%」の惨状
  • 新党「国民民主党」の無残な船出 合流前より低い「支持率1%」の惨状

「ニュース」のランキング