PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】タトヘ逆臣トナリテモ… 陸相に“決起”迫る強硬派将校

画=筑紫直弘
Messenger

クーデター計画

 「吾等少壮組ハ、情勢ノ悪化ヲ痛感シ、地下防空壕ニ参集、真剣ニクーデターヲ計画ス。(中略)竹下ヨリ大綱ヲ示シ、手分ケシテ細部計画ヲ進メ、更ニ秘密ノ厳守ヲ要求ス」「夜、竹下ハ稲葉、荒尾大佐ト共ニ、『クーデター』ニ関シ、大臣ニ説明セント企図シアリ所、二〇〇〇頃閣議ヨリ帰邸セル大臣ヨリ招致セラレ、椎崎、畑中ト同行官邸ヲ訪ヒ、(中略) 仮令(たとへ)逆臣トナリテモ、永遠ノ国体護持ノ為、断乎(だんこ)明日午前、之ヲ決行セムコトヲ具申スル所アリ」

 陸軍省軍務課内政班長、竹下正彦中佐が記した昭和20年8月13日付の「機密作戦日誌」だ。竹下は陸軍内の最強硬派で、阿南惟幾(これちか)陸相の義弟でもある。

 阿南の秘書官、林三郎大佐が戦後に書いた回想記によれば、竹下らのクーデター計画は以下のような内容だった。

 一、(ポツダム宣言受諾をめぐり)日本の希望する条件を連合国側が容認するまで、交渉を継続するよう(昭和天皇の)御裁下を仰ぐを目的とする

 二、使用兵力は近衛第一師団および東部軍管区の諸部隊を予定する

 三、東京都を戒厳令下におき、要人を保護(実際には監禁)し、陛下を擁して聖慮(せいりょ)の変更を奏請する

 四、陸軍大臣、参謀総長、東部軍管区司令官、近衛第一師団長の全員同意を前提とする

 13日夜、陸相官邸で竹下ら中堅将校に囲まれ、この計画を突きつけられた阿南は何を思っただろう。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ