PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】アルミトップUACJ“内紛” 異例のトップ人事撤回のワケ

代表取締役人事の撤回で記者会見するUACJの山内重徳会長(左)と岡田満社長=4月13日、東京都中央区(斎藤良雄撮影)
Messenger

 アルミニウム圧延品で国内最大手のUACJが、異例のトップ人事撤回に追い込まれた。一度は山内重徳会長(69)が留任し、岡田満社長(61)が副会長となる人事を発表したものの、筆頭株主の古河電気工業が反対。結局、1カ月半後に両氏が代表権のない相談役に退くことで落ち着いた。アルミ業界では昨年、ライバルの神戸製鋼所と三菱マテリアル子会社の三菱アルミニウムで品質不正が発覚。そんな“敵失”を生かすことなく、ドタバタ劇を演じてしまったUACJに対しても市場の目は厳しくなりそうだ。

 「人と人、会社と会社の理解はなかなか難しい」

 山内会長は、自身と岡田社長の代表取締役退任を発表した4月13日の記者会見で、無念さをにじませた。

 この日新たに発表した人事案では、石原美幸取締役(60)の社長昇格は撤回されなかった。ただし、山内氏と岡田氏が持つはずだった代表権は、取締役専務執行役員の中野隆喜氏(62)と種岡瑞穂氏(61)に委ねられた。 

 同社が最初の人事案を発表したのは2月27日。古河電工の賛同は得ていなかったが、いずれ理解してもらえると思っていた。

 ところが古河電工は、石原氏の社長就任に「異論はない」としつつ、「3人が代表権を持てば経営責任が曖昧になる」と反対。山内氏と岡田氏の代表取締役退任を求め、株主総会での委任状争奪戦も辞さない構えを示した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ