産経ニュース

【経済インサイド】海外進出を加速する「丸亀製麺」トリドールの野望と死角

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
海外進出を加速する「丸亀製麺」トリドールの野望と死角

 讃岐うどんチェーン店「丸亀製麺」などを展開するトリドールホールディングス(HD)が脅威的な成長を遂げている。国内外企業の相次ぐ買収で3月末のグループ店舗数は、10年前の10倍弱の世界1540店と急激な伸びだ。創業者の粟田貴也社長が掲げるのは2025(平成37)年時点での世界6000店舗の展開。思惑通りに世界の外食産業で「鳥」のように羽ばたけるか。飛躍への挑戦はなおも続く。

 「常にチャレンジ(挑戦)を続けることで、わが社は次のステージ(段階)へ、未来へ向けて進むことができると信じている」

 今年4月1日。マカオで開いた入社式で粟田社長は194人の新入社員を前にこう宣言した。同社が海外で入社式を開くのは3年連続。16年は米ハワイ、17年は台湾の台北だった。

 海外で入社式を開く狙いについて、同社は「世界を舞台とした事業展開にかける当社の思いを伝えるのが目的」と説明する。実際、同社はここ数年で海外展開を加速してきた。11年4月に米ハワイに初出店したのを皮切りに、現在12の国と地域で200店以上を展開。今年3月末の海外出店数は約530店にのぼり、国内を含む全体の3分の1は海外だ。

 粟田社長が目指すのは海外の出店をさらに加速させることで、25年ごろまでに売上収益を現在の約5倍の5000億円に増やすこと。この時点で描く出店数は世界6000店。うち国内は2000店で売上収益は約2000億円、海外は4000店で約3000億円というのが同社の狙う理想の姿だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 海外進出を加速する「丸亀製麺」トリドールの野望と死角
  • 海外進出を加速する「丸亀製麺」トリドールの野望と死角
  • 海外進出を加速する「丸亀製麺」トリドールの野望と死角
  • 海外進出を加速する「丸亀製麺」トリドールの野望と死角
  • 海外進出を加速する「丸亀製麺」トリドールの野望と死角
  • 海外進出を加速する「丸亀製麺」トリドールの野望と死角

「ニュース」のランキング