PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】東芝が中期経営計画の発表見送り 再建まだ波乱含み

東芝は四日市工場で建設中の第6棟への設備投資を米ウエスタンデジタル(WD)と共同で行う(東芝提供)
Messenger

 東芝が今春に予定していた中期経営計画の発表を見送り、年内を目標に来年度からの経営再建の道筋を示す「変革プラン」を策定する方向に転換をした。4月1日付で会長兼最高経営責任者(CEO)に元三井住友銀行副頭取の車谷暢昭(のぶあき)氏(60)が就任したのを機に、これまでの延長線上ではなく、一から再建策を練り直す。名門復活へ満を持して登板した車谷氏は、どんな青写真を描くのか-。

 「一種の変革が必要となるのに、やってはいけないのは中途半端な計画を出すことだ」

 車谷氏は4月早々、産経新聞のインタビューに応じ、方向転換の理由をこう説明した。

 もともとの中期計画は今春発表を想定し、昨年後半から策定に着手。昨年11月の平成29年9月中間決算の記者会見では平田政善専務が「早期に売上高営業利益率(本業のもうけを示す営業利益の売上高に占める割合)5%」「社会インフラで利益の出せる会社に」と大まかな方向性を打ち出していた。

 だが、これらはいずれも年明けに車谷氏のトップ就任が決まる前までの構想。車谷氏が“ダメ出し”をしたのではと勘ぐってしまうが、車谷氏は「ベストプラクティス(最善の手法)をみんなで努力してつくりたい」と発展的な転換を強調した。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ