PR

ニュース プレミアム

【野党ウオッチ】民進・希望新党、合流したのに野党第2党の本末転倒!? 

「国民民主党」結党の合意書を交わす民進党の大塚耕平代表(右)と希望の党の玉木雄一郎代表=4月26日、国会内(春名中撮影)
Messenger

 民進党と希望の党が大型連休明けに結成する新党「国民民主党」が目を覆うばかりの低迷ぶりだ。両党所属議員107人のうち新党参加者は60人台にとどまりそうな情勢で、衆院では野党第一党・立憲民主党の54人の後塵を拝することが確実となった。民進党の大塚耕平代表(58)と希望の党の玉木雄一郎代表(48)が唱え続けた「大きな固まり」は、もはや掛け声倒れになりつつある。

 「野党が政府に対してチェック機能を果たすべきときに、新党作りにうつつを抜かしている感覚がちょっと私には理解できない」

 民進党の安住淳元財務相(56)は4月27日、国会内で開いた離党表明の記者会見で「国民民主党」結党の動きを冷ややかに評した。

 安住氏に加え、岡田克也元副総理(64)、小川敏夫元法相(70)、玄葉光一郎元外相(53)、鉢呂吉雄元経済産業相(70)…。閣僚経験を持つ党の重鎮たちが次々と離党を表明していくさまは、旧民主党政権末期の「離党ドミノ」の衝撃度を上回る。

 国民民主党の結成は、民進党が党名を変更し、解散した希望の党が合流する方式で行われる。つまり、民進党議員は離党しない限り自動的に国民民主党所属となってしまうため、参加したくない場合は自分から離党届を出すほかないのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ