PR

ニュース プレミアム

2020年東京五輪で日本の食文化、鯨食紹介を 映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子氏寄稿(下)

Messenger

 世界には、実際のクジラの資源量を知らず、「クジラが絶滅の危機にに瀕(ひん)している」という誤った情報を盲目的に信じている人たちが多い。科学者の研究で、世界の海洋を回遊するクジラは全人類が食べる魚の約3~5倍を消費していることが分かっている。ハクジラ類の生態の胃の中を調べると大量の魚が含まれている。自分自身が映画を制作するまで知らなかったこのクジラの生態にまつわる情報を、今度は私の映画がきっかけで知る方々がいる。

 西洋人の素晴らしいところは、反対側の意見も聞こうとしてくれることだ。一方、多くの日本人は意見の違う人々との論争は、軋轢(あつれき)が高まるだけだとして、避けようとしてはいないだろうか。

 反捕鯨の方々でも正しい情報を知れば、考え方を変える人もいる。もちろん、まったく聞く耳を持とうとしない強硬な反捕鯨家もいる。それはそれで仕方がない。まずは違う側の意見を知ってもらうことが必要なのだ。

 国際捕鯨委員会(IWC)は1980年代から、捕鯨国と反捕鯨国の思惑が絡み合い、政治的な動きに支配されるようになったとの指摘がある。反捕鯨国は、捕鯨をしたことのない小国をIWCメンバーに引き入れ、反対票を急増させている。IWCへの参加費用を潤沢な資金を持つ反捕鯨家が負担しているとの情報もある。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ