PR

ニュース プレミアム

【赤字のお仕事】違法な無修正画像はダメ! ちゃんと修整を 「修正」「修整」の違いとは? 

Messenger

「国会提出の前に、与党が法案の修正を協議した」

 「スマートフォンの写真修整用のアプリを使って、見ばえをよくしたいな」

 漢字の字面や読み方、そして意味も似ている語というのは、使い分けに困ることがしばしばあります。そのため、マスコミ各社は自社の用語集で、悩みそうな「同音異義(類義)語」についてリストアップし、その書き分けの基準を載せて表記に迷わないよう工夫をしています(とはいっても、校閲記者でも紛らわしいものが、たくさーんありますが…)。

 冒頭に文例を挙げた「しゅうせい=修正、修整」も同音語で似たような言葉です。使い分けるには、どこに注意したらよいでしょうか? 少し考えてみます。

 まずは、「修正」。こちらのほうが、一般的によく使われると思います。

 辞書を引くと、

 《まちがっていたり、不十分であるところを直して正しくすること。「軌道を修正する」「修正案」》(『大辞林』、三省堂)

 と載っています。

 弊社の「産経ハンドブック」にも、辞書と同じく語義として「正しくする、直す」と明記してあります。「修正」の「正」の字義に沿った使われ方ですね。

 一方の「修整」、辞書には

 《(1)ととのえなおすこと(2)写真・印刷で、ネガや印画の傷を修正したり、画像を装飾したりすること。レタッチ》(『大辞林』)とあります。

 (1)の「ととのえなおすこと」は「修正」と、意味が重なっている部分もあるようですが、(2)の説明にある通り、写真・印刷の世界で使われている語であることが分かります。原板の傷を消したり、画像の一部を削って描き加えたりする場合がイメージされます。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ