PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】タコの価格がうなぎ上り 「庶民の味」が「高根の花」に!?

Messenger

 スーパーなどで売られる刺し身用蒸しダコの原料となるアフリカ産冷凍タコ(主にマダコ)の輸入価格が過去最高値(円換算)を更新し、業界や食卓を揺るがしている。日本のタコ輸入量の約7割はアフリカのモロッコとモーリタニアの2カ国産で賄われているが、モーリタニア産は、漁獲量減少と昨年夏頃からのスペインの“爆買い”というダブルパンチに見舞われている。店頭価格も高騰し、「庶民の味」として親しまれたタコは「高級食材」に変貌しつつある。伝統食材を守ろうと、官民で資源保護や輸入先を新たに開拓する動きも始まった。

 日本では年間約8万4000トンが流通し、このうち国産は約3万7000トン前後。輸入タコの多くはモロッコとモーリタニアから輸入されるが、2カ国からの輸入量は平成28年の3万2000トンから29年に2万9000トンへ減少し、中でもモーリタニア産は大きく減っている。

 輸入関係者によると、スペイン勢の買いの理由は2つという。相次ぐ中東のテロや緊迫化で、トルコ、エジプトなどへの旅行が敬遠される一方、スペイン観光の人気が高まり、パエリアやオリーブ煮に欠かせないタコの需要が旺盛になっているという。さらに、スペイン向けのメキシコ産タコが不漁となり、今回の高騰劇の引き金となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ