産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】企業の意図は? 選考の場で問われる「私服」マナー

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
企業の意図は? 選考の場で問われる「私服」マナー

合同就職面接会で企業の採用担当者の説明を聞く参加者=松山市 合同就職面接会で企業の採用担当者の説明を聞く参加者=松山市

 人事担当者から「次回の面接へは、あなたらしい服装でお越しください」といわれた。日頃からカジュアルな服装を好んでいるため、デニムジーンズにパーカー、そしてスニーカーという、いつも通りの自分のスタイルで選考会場へ向かった。いざ到着してみると、明らかにリクルートスーツ姿の学生ばかりで、自分のような服装の学生はほとんどおらず、一気に不安な気持ちに陥ってしまった。そのため、面接の場でも服装のことが気になってしまい、全くうまく答えられないまま終わってしまった。

 このように、企業が提示する「私服面接」への意図が分からず困惑している学生は多く存在します。さらに、就活には「この服装が正しい」という模範解答もないため、なおさら判断が難しいのが実情です。しかし、この部分にこそ、実は企業側の意図があることを理解することが重要です。

 正解がなく、判断が難しい中で、企業は学生自身にある程度の選択権を持たせ、どのような行動に出るのかを見極めています。「私服着用」といわれ、その言葉をうのみにし、日常通りの私服を着用するのか、あるいは面接選考という場にふさわしい服装は何なのかを自身で考え、ラフな格好は避け、ジャケットにパンプス、革靴など必要最低限の身だしなみを意識した私服にするのか、全ては学生1人1人の一般常識の有無や勘どころのよしあしにかかってきます。

続きを読む

「ニュース」のランキング