PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】企業の意図は? 選考の場で問われる「私服」マナー

合同就職面接会で企業の採用担当者の説明を聞く参加者=松山市
Messenger

 就職活動中の学生の装いとして、真っ先に思い浮かぶ服装は「リクルートスーツ」だと思います。しかし、近年は「私服」での面接選考を実施している企業が散見されます。就活の代名詞とも言えるリクルートスーツを着用することなく、あえて「私服」での面接選考が実施されている現状は、数十年前の就活とは大きく異なる点の一つになっています。

 学生の中には、「次回の面接へは私服でお越しください」という企業側からの指示に戸惑いを隠し切れず、どのような服装で選考へ臨めばよいのか、相談に来る学生も少なくありません。私服での面接を実施する企業側の意図は一体何なのか。事例を紹介します。

 例1 Aくん…アパレル業界志望

 最終面接時、「私服」を着用してくるよう指示を受ける。しかし、どのような服装が適切なのか分からなかったため、今まで通りリクルートスーツを着用し、面接へ臨んだ。しかし、ほぼ9割以上の学生が私服できており、面接官からは「Aくんにとっての『私服』はリクルートスーツなのか?」と問い詰められ、回答できなかった。最も無難だと思い、リクルートスーツを着用したものの、マイナス要素になってしまった。

 例2 Bさん…マスコミ業界志望

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ