産経ニュース

【激動ヨーロッパ】民主主義は弱っているのか ハンガリー総選挙が映す危うさ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【激動ヨーロッパ】
民主主義は弱っているのか ハンガリー総選挙が映す危うさ

ハンガリーの首都ブダペスト中心部で選挙前、公告看板に掲げられた「反移民」の政府広告(宮下日出男撮影) ハンガリーの首都ブダペスト中心部で選挙前、公告看板に掲げられた「反移民」の政府広告(宮下日出男撮影)

 反難民・移民や強権政治で欧州連合(EU)と対立するハンガリーのオルバン首相が8日の総選挙で連続3選を果たした。圧勝を支えたのは政府・与党が一体的となり、政権寄りメディアも動員した「反移民」の大々的キャンペーンだ。東欧民主化から30年近くが経つが、そこには民主主義を「弱体化」させる危うさがはらんでいる。(ブダペスト 宮下日出男)

 選挙ではオルバン氏の中道右派「フィデス・ハンガリー市民連盟」の与党連合が3分の2以上の議席を獲得。投票率も事前予想を超える約70%に上り、圧倒的な民意がオルバン氏を支持したのは事実だ。だが、この選挙に疑問を投げかける見解も出ている。

損なわれた対等な競争

 「純粋な政治的議論の余地が狭められ、完全な情報に基づく有権者の判断は妨げられた」

 選挙を監視した欧州安全保障協力機構(OSCE)は9日の報告書で選挙が適切に行われたとする一方、選挙活動全般についてこう指摘した。まず問題視したのは政府・与党が一体化したようなキャンペーン。街中にあふれた2種類のポスターがそれを物語る。

 一つは移民とみられる行列に「ストップ」と記した政府広告。もう一つは同国出身の米投資家、ジョージ・ソロス氏と野党指導者らが並ぶフィデスのポスターで「ソロスの候補をとめよう」と訴えた。ソロス氏は難民らを援助する非政府組織(NGO)も支援しており、いずれも「反移民」がメッセージだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 民主主義は弱っているのか ハンガリー総選挙が映す危うさ
  • 民主主義は弱っているのか ハンガリー総選挙が映す危うさ

「ニュース」のランキング