PR

ニュース プレミアム

【びっくりサイエンス】ハサミムシの羽、「ミウラ折り」を超え人工衛星に応用!? 驚異の折り畳み法を解明(動画あり)

Messenger

 またチームでは、この成果を元に、閉じたときにものをつかむことができる「スプリング折り紙グリッパー」を作製。開いたときと、つかんだときそれぞれの状態で固定できることが確かめられた。つかんだ状態では、自分の重さ程度のものを支えることも確認できた。

 チームは、このバネのような機構を従来の「折り紙技術」に加えることで、高速展開やあらかじめプログラム可能な自動ロックなどの機能を導入できるとみている。具体的には、折り畳み式の電子機器やテント、地図、収納機構を持つ荷物などに応用できるとみている。また、宇宙開発の分野で利用すれば、打ち上げのためのロケットのスペースや重量、エネルギーを低減でき、広がったアンテナを固定するための余計な駆動機構や器具が不要になる可能性があるとしている。(科学部 原田成樹)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ