PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】想定外? 皐月賞で証明 種牡馬オルフェーヴルの実力

Messenger

 ところが、皐月賞では、稍重(ややおも)の芝のコンディションの中、逃げる3頭から離れた4番手でピタリと折り合うと、最後の直線の残り100メートルで先頭に立ち、後続を2馬身もちぎってみせた。展開や芝状態など、色んな要素が重なったとはいえ、圧勝だった。想定外ともいえる強いレースに、藤原調教師は「ダービーに向けて頑張っていきたい」と明言した。

 現実にはまだ、GIを1つ勝ったばかり。だが、今回の勝利で、間違いなく、オルフェ産駒が見直されるのではないか。ディープインパクト産駒が席巻する中、同じクラシック三冠馬としてオルフェも実績的には負けてはいない。凱旋賞での成績も、3着入線(後に失格)のディープに勝っている。

 ちなみに、昨年のリーディングサイアーで1位はディープインパクト、2位キングカメハメハ、3位ステイゴールドと続いた。

 近い将来、オルフェーヴルが割って入るか注意深く見守りたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ