PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】受動喫煙防止条例骨子案「人に着目、働く人と子供を守る」

Messenger

 「ちなみに、全部で22競技があるうち、私自身はこれまで、自分でやってみる、それから応援をするというようなことで接してきたのが、22のうち11ですから、今回、このゴールボールと陸上とパワーリフティングが加わると14までいくということで、もうあとちょっとということになります。皆さんも是非、ご体験いただきたいと思います。それから、5月2日から5日まででありますが、こちらの方では、2018東京国際ユースサッカー大会が開かれます。場所は、駒沢オリンピック公園総合運動場と味の素スタジアム西競技場で開かれる予定となっております。こちらの方は、14歳以下の国際交流大会でございまして、今回が10回目。今年も東京都の姉妹友好都市などから、20チームが参加する予定となっております。海外からは、そのうち10都市の代表チームが参加するということで、前回大会で優勝したブエノスアイレスのボカ ジュニアーズ、それから、新たにベルギーのブリュッセルから、RSCアンデルレヒトを招聘しているということでございまして、去年以上の激戦が予想されるところでございます」

 「それから、国内からも強豪チーム、都内の中学選抜チームであるとか、Jリーグ選抜チーム、さらには、東日本大震災の被災地から岩手、宮城、福島、茨城選抜チームを招待いたしておりまして、合わせて10チームが世界の強豪に挑むという構図でございます。それから、会場においては、当日申込で誰でも参加できることになっておりまして、足に障害のある方もクラッチと呼ばれる杖で体を支えながらプレーをするアンプティサッカー体験というのも実施いたしますので、これらのスポーツ、パラスポーツをする、それから見る、支える機会を都としても提供したいと考えております。スポーツ実施率70%を目指しておりますので、スポーツ都市東京の実現を目指すためにも、このイベントで盛り上げていきたいと思います」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ