PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】受動喫煙防止条例骨子案「人に着目、働く人と子供を守る」

Messenger

 --もう1点、それに関連して、情報開示のあり方について。共同通信で情報開示請求をいたしましたが、二つの理由で非開示とされました。情報公開徹底を一丁目一番地、改革の一丁目一番地と掲げる小池知事として、こういった文書を開示するよう指示するおつもりは

 「今回、非開示とさせていただいたのは、情報公開条例の規定に基づいて非開示としたと報告を受けているところでございます。議員の質問形成過程、政策の形成過程ということについては、皆様方に対して開示をしているケースが多いかと思います。議員の場合の質問形成過程というのをどこまで出すかという、それについては、むしろ議会の方で全会派一致で決めていただくなりする必要があるのではないかと思っております。そして、情報公開というのは、必要なことだと基本的に思っておりますし、また、かねてより申し上げておりますように、できるだけ多く公開することによって政治へ、また行政への信頼が高まるものだと私は常にそのように考えております」

 --知事が仰るように、専門家から意見を伺うのが当たり前であるならば、どういう意見を伺ったのか、あるいは、その途中段階の質問案であっても、樋口議員が開示するべきだと考えているか

 「そこは、樋口議員の考え方だと思っております」

 --千客万来施設について、4月25日までに事業者に、答えるように文書を送ったということだ、その文書の内容として、新たな条件提示をしたのか。25日までに、もし回答がなかった場合は、都としてはどういった対応をするのか

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ