PR

ニュース プレミアム

【大人の遠足】採れ立て野菜と癒やしの時 埼玉・所沢市の古民家付き農園へようこそ

 家の裏にはかまどと五右衛門風呂がある。「とにかくお湯を沸かすのが大変」と峯岸さん。薪を2本ずつ交互になるように3段に積み重ね、真ん中に新聞紙と木っ端を重ねる。ちゃんと燃えるかな…。不安になりつつも、マッチで火を付ける。竹筒で息を吹き込むと、濛々と煙が立ちこめ、目に染みて涙がこぼれた。

炊きたてご飯に舌鼓

 「最初はヒュウヒュウ。次はグツグツ。最後にパチパチ」。音で釜の中の米の状態をみる。吹きこぼれてから音が変わったところで、蓋を開けると、艶々の白米が顔を出し、ご飯の香りに包まれた。気温や湿度でも味が変わるという釜炊きの米。味見したい気持ちをぐっとこらえた。

 この日の宿泊客は、東京都内から来た30代の女性。都内で会社勤めをしていて、癒やしを求めて訪れたそうだ。

 私が裏で白米を炊いている間、ピザを作っていた女性が焼きたてのピザを分けてくれた。スタッフの関友洋さん(25)と4人で炊きたてのご飯とピザを味わう。釜の真ん中あたりは柔らかく、外側は焦げてパリッとした白米に舌鼓を打った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ