産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】実際に使える「英語力」を身につけよう

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
実際に使える「英語力」を身につけよう

英語ができないと就職が難しい時代になった(イメージ) 英語ができないと就職が難しい時代になった(イメージ)

 近年の就職活動で、語学力、特に「英語力」は内定獲得に必要な要素という認識が一般的です。そのため、本選考前までに英語力アップに取り組む学生が増えています。就活生の多くは、エントリーシート・履歴書の提出前までに英語力アップに取り組みます。それまでに英語力を上げておかないと、アピールの素材としてエントリーシート・履歴書に記載できないからです。

 では、企業は学生の英語力を測るために、何を基準にしているのでしょうか。読者の皆さんは既にご存じかと思いますが、近年、英語力を測る目安となっているのは、「TOEIC」といわれる検定試験です。TOEICは160カ国・年間約700万人以上が受験しており、日本でも年間250万人が受験している世界共通テストです。日本では、企業や官公庁、学校など約3400団体が採用しています。また、多くの企業が海外に人材を派遣する際の基準としたり、昇進・昇格の要件としたりするため、英語力判定の標準となっているテストです。

 そうした背景から、TOEICで高いスコアを保持していることは、就活で非常に有利と考えられています。大手電機メーカーや素材メーカーの人事担当者から聞いた話によると、内定者の多くは就活時点で750程度のスコア(最高点が990)を保持しているといっています。実際に、武田薬品工業では、応募条件にTOEIC730点を基準として設けています。こうした傾向は企業全般にいえることです。しかし、入社後の実体を聞いてみると、TOEICのスコアは高いものの、英語でビジネスメールが書けなかったり、英語圏の外国人との会話ができなかったりするらしく、企業の人事担当者も頭を抱えているそうです。

続きを読む

「ニュース」のランキング