産経ニュース

【経済インサイド】神戸製鋼の立て直しに水を差す「米中貿易摩擦」 いばらの道歩む新社長

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
神戸製鋼の立て直しに水を差す「米中貿易摩擦」 いばらの道歩む新社長

 製品データ改竄(かいざん)問題に揺れる神戸製鋼所が、4月1日付で副社長から昇格した山口貢(みつぐ)社長(60)のもとで再スタートを切った。山口氏には事業部門トップとしての実績があり、社内の評価も高い。もっとも、再発防止策を徹底し、地に落ちた信頼を回復するのは容易ではない。しかも、深刻化する「米中貿易摩擦」が同社の業績立て直しに水を差しかねず、山口氏は出だしから“いばらの道”を歩み始めた。

 「多くの皆さまにご迷惑をお掛けし、改めて深くおわび申し上げる」

 3月16日。東京都港区のホテルで開かれた山口氏の社長内定の記者会見は、いきなり謝罪の言葉から始まった。しかも、引責辞任を表明していた会長兼社長の川崎博也氏(63)は姿を見せず、異例ずくめのお披露目となった。1人で席に着いた山口氏は「神戸製鋼は変わったと思っていただけるよう、不退転の決意で変革に取り組む」と力説。事前にリハーサルしたこともあってか、報道陣の厳しい質問にもよどみなく答え、まずは無難なスタートを切った。

 山口氏の社長昇格は慌ただしく決まった。川崎氏の辞任表明は、データ改竄の最終調査報告書が出された3月6日で、山口氏に社長就任を要請したのはその翌日。山口氏はその場で受諾したが、「やはり驚いたというかびっくりした」と振り返る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 神戸製鋼の立て直しに水を差す「米中貿易摩擦」 いばらの道歩む新社長
  • 神戸製鋼の立て直しに水を差す「米中貿易摩擦」 いばらの道歩む新社長
  • 神戸製鋼の立て直しに水を差す「米中貿易摩擦」 いばらの道歩む新社長
  • 神戸製鋼の立て直しに水を差す「米中貿易摩擦」 いばらの道歩む新社長
  • 神戸製鋼の立て直しに水を差す「米中貿易摩擦」 いばらの道歩む新社長

関連トピックス

「ニュース」のランキング