PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】「漫画のような活躍」「これは実話か」 韓国メディアが大谷翔平を絶賛

上々の滑り出しを見せる大谷の投打二刀流に、韓国メディアも大絶賛に方向転換(リョウ薮下撮影)
Messenger

 韓国メディアが、米大リーグでも投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平(23)に対するスタンスを一大転換した。米メディアを引用する形で、オープン戦での不振ぶりから公式戦の活躍に懐疑的だった論調が一転、絶賛調に変貌してしまった。

 韓国メディアは大谷を「野球の天才」(中央日報)などと形容して、日本のプロ野球時代から頻繁に取り上げてきた。そのきっかけが、2015年11月に開催された野球の国際大会、プレミア12である。

 大谷は準決勝で韓国を7回1安打無失点、11奪三振と完璧に封じた。韓国メディアはさぞかし地団駄を踏んだことかと思いきや、大谷降板後に逆転勝利したこともあってか、大谷を評価。当時の代表監督だった金寅植監督は「(160キロの豪速球を投げる)大谷翔平をうらやましく思うのではなく、『韓国の大谷』が出てくる土台を作らなければいけない」(中央日報)とお手本にすべきと力説したほどだ。

 熱視線を送られる大谷が米大リーグへ移籍した今季、韓国でも日本と遜色なく報じられている。まして「二刀流」で上々の滑り出しを演じればなおさらだ。3月29日の開幕戦で先発して初安打を放ち、4月1日のメジャー初登板先発で初勝利を挙げた。開幕戦に野手で先発し、10試合以内に投手で先発したのは1919年のベーブ・ルース以来の快挙であり、その後、3試合連続で本塁打を放つ異次元の活躍ぶりに朝鮮日報は「これは実話か」という見出しで「大リーグにセンセーションを起こしている」と報じた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ