産経ニュース

【衝撃事件の核心】西部邁さん自殺2人逮捕、衝撃の展開 社会的にも議論

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
西部邁さん自殺2人逮捕、衝撃の展開 社会的にも議論

西部邁さん 西部邁さん

 警視庁は周辺の防犯カメラ映像などの捜査を開始。また「知人らを総当たりした」(捜査関係者)というほどの広範な聴取も行った。その結果、2人の人物が浮かび上がる。西部さんが10年近く出演していた番組の編集担当者で、東京MXテレビ子会社社員の窪田哲学(45)と、西部さんの私塾の塾頭、青山忠司(54)の両容疑者だ。

 これまでの調べでは、2人は西部さんから依頼され、昨夏ごろから道具の購入や現場の下見などの準備を進め、当日もレンタカーで西部さんを現場まで案内したとみられている。

遺族「申し訳ない」

 西部さんと両容疑者の関係は深い。自殺の約10日前にも、3人は東京MXテレビの番組「西部邁ゼミナール」の収録で会っていた。

 「立派な人」「お世話になった方」。番組の中で西部さんは2人をこう評し、「本当に幸せなのは死ねること」と自らの死生観を改めて語っていた。それでも、その2人が自殺の手助けをしていたという事実は、西部さんの家族すら想定していないことだった。

 西部さんと同居し、著作の口述筆記を任されるなどしていた長女は2人の逮捕を受け、取材に「お二人とも真面目な方。父の自殺の意思は知っていたが、まさか人を巻き込むとは思っていなかった。申し訳ないことをしたという思いです」と複雑な心境を明かした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 西部邁さん自殺2人逮捕、衝撃の展開 社会的にも議論
  • 西部邁さん自殺2人逮捕、衝撃の展開 社会的にも議論
  • 西部邁さん自殺2人逮捕、衝撃の展開 社会的にも議論

関連トピックス

「ニュース」のランキング