PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】玉音放送を謀略と判断 壮絶な死闘の末、要塞は静寂に包まれた

画=筑紫直弘
Messenger

関東軍最後の戦い(3)

 昭和20年8月9日未明にソ連軍が満ソ国境の虎頭要塞を急襲した際、守備隊長の西脇武大佐は作戦主任参謀らを連れ、牡丹江(ぼたんこう・現中国黒竜江省牡丹江市)の第5軍司令部に出張中だった。

 この西脇が要塞にいれば、戦況は違った展開をたどっただろう。和歌山藩剣術指南役の家柄に生まれた武人で、部下からの信頼が厚かったと伝えられる。

 第5軍司令部でソ連軍侵攻を知った西脇は9日午前、偵察機を手配して虎頭に近い東安飛行場まで戻り、そこから守備隊に復帰しようと八方手を尽くしたが、すでに要塞はソ連軍の重包囲下にあり、果たせなかった。

 西脇はその後、東安の第135師団司令部とともに行動せよとの命令を受け、17日、要塞より早く停戦する。まだ部下が戦っているのにと、やり切れない思いだったのではないか。

 戦後は中国共産党から指揮能力を高く買われ、戦術指導役として八路軍に加わるよう再三要請されたが、西脇は首を縦に振らなかった。断ればどんな運命が待ち構えているかを知らなかったわけではあるまい。23年10月31日、西脇は八路軍兵士に連行され、そのまま消息を絶った。

× × ×

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ