産経ニュース

音楽文化の発展か衰退か JASRACが音楽教室での著作権料徴収開始 月謝の値上げは?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


音楽文化の発展か衰退か JASRACが音楽教室での著作権料徴収開始 月謝の値上げは?

講師の演奏は聞かせるため?技芸を教えるため?

 「技術や表現方法を教えるのが目的だから、講師が曲全体を演奏してみせることは少ない。一部分を弾いただけで公衆に聞かせたことと同じにされるのは納得できない」。横浜市にある音楽教室でピアノ講師を務める木村よしのさん(34)は、JASRACの決定に今も不満をこぼす。

 子供たちからは話題のアニメの主題歌を弾いてみたいと言われることもあるが、著作権料を今後どのように負担するかは見えない。木村さんは「積極的に取り組めない」という。

 これまで音楽教室は、著作権の切れていない楽譜を教材に掲載するための著作権料をJASRACに支払ってきたが、今回は新たにレッスンでの演奏に対する著作権料が求められている。

 神奈川県小田原市の女性(66)がバイオリン講師を務める音楽教室の場合、月4回(1回30分程度)のレッスンで月謝は9千円。単純に2・5%の徴収料なら、1カ月分の著作権料は225円の計算だ。生徒が全国に約40万人いるとされるヤマハ音楽振興会は、年間約10億円を演奏権として支払うことになる。

教えるのはクラシックのみ?月謝の値上げも

 音楽教室の一部では、徴収分を転嫁して受講料を値上げすることが予想される一方、使用料の徴収を嫌い、使う教材や教える楽曲を制限する可能性も指摘されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 音楽文化の発展か衰退か JASRACが音楽教室での著作権料徴収開始 月謝の値上げは?

「ニュース」のランキング