産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】責任感や義務感をしっかり持とう!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
責任感や義務感をしっかり持とう!

合同会社説明会に参加した学生ら=3月1日、東京都中央区(松本健吾撮影) 合同会社説明会に参加した学生ら=3月1日、東京都中央区(松本健吾撮影)

 まず、規律やマナーに対する考え方の変化です。企業の採用活動にかぎらず、就活関連のイベントでは、毎回多くの「ドタキャン」が発生します。主催者は、歩留まりを考えながら、集客をしなくてはならないほどです。これは、就活以外のイベントでも同様だと聞いています。つまり、最近の就活生は一定の規律やモラルが求められる取り組みに対して、責任感や義務感が欠如しているように思えます。一見、最近の学生の傾向で片付けられそうですが、要因はそれだけではありません。現在の就活の状況も影響しているのです。

 インターネットを利用した就活が普及することで、「企業の選考を受ける」という行為の敷居が下がってきました。これに伴い、説明会やセミナーに参加することが、労力的にも心理的にも簡単になってしまいました。結果として、無作為に説明会やセミナーに予約する学生が増えると同時に、予約したことに対する責任感や義務感の欠如を招きました。大手の説明会やセミナーであれば、予約開始後の数分で「満席」となるのが当たり前です。この予約争奪戦の中で、「とりあえず」の気持ちで予約する学生が増えたため、当日に行くのが面倒になり、「ドタキャン」が増えるのです。

続きを読む

「ニュース」のランキング