PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】責任感や義務感をしっかり持とう!

合同会社説明会に参加した学生ら=3月1日、東京都中央区(松本健吾撮影)
Messenger

 3月から就職活動が本格化し1カ月がたちました。現在、就活生は会社説明会やOB・OG訪問など、社会人と接する機会が多くなってくる時期です。そんな中、この時期に社会人から聞こえてくるのが、「非常識な学生が多すぎる」という声です。特に多いのは、自己中心的に振る舞う学生が多いということです。社会人から聞いた話を紹介します。

【例1】

 社会人Aさんは、OB・OG訪問の依頼を受け、繁忙期の中で時間を割いて、会う時間を捻出した。しかし、実際に会ってみると、会社のことを理解しておらず、質問も特になかった。明らかに志望度が低いにもかかわらず、Aさんの会社に対する志望動機をどのように作ればよいのか相談された。

【例2】

 会社説明会に遅刻してきたにもかかわらず、平気で足音を大きく立てて入ってくる。説明会中、常に暑いのかもらったパンフレットであおぎながら椅子の背もたれにふんぞりかえって聞いている。

 このように、社会人が聞くと非常識ともとれる行為を、平然とする学生が存在します。特に就活生の非常識さが顕著に表れているのが、会社説明会の「ドタキャン」です。お付き合いのある企業の人事担当者に聞くと、年々増えているそうで、ひどい時には数割が事前連絡なしのキャンセルだそうです。このような状況を生み出した背景は、どのようなものが考えられるのでしょうか?

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ