PR

ニュース プレミアム

【野口裕之の軍事情勢】台湾併合を狙う中国には、在韓米軍の移動で阻止!?

3月、北京の人民大会堂で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と中国の習近平国家主席(新華社=共同)
Messenger

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が中国の習近平国家主席と会談した後、安全保障関係者と今後の展開をシミュレーションした。金氏の「朝鮮半島非核化表明」は《核・ミサイル開発の時間かせぎを狙う擬態》が最有力視されたが、副次効果?も浮上した。《米軍の台湾駐屯》である。半島情勢激変が後押しし始めた観がある。

台湾は戦略的3要衝の「交差点」

 《米軍の台湾駐屯》に至る道筋はいくつか想定されたが、その一つが《在韓米軍の漸減→撤退》だった。

 例えば、金氏が《核と弾道ミサイルの完全で検証可能かつ不可逆的な廃棄を実行する》と“対米公約”。見返りに《体制保障》と《段階的な半島の非核化》を求め、歴史に名を刻みたいトランプ米大統領が条件をのんでしまうシナリオだ。

 だが、この「取引」には落とし穴がある。《段階的》は「時間稼ぎ」を、《半島の非核化》は「在韓米軍の漸減→撤退」を意味する。金氏との会談で《段階的な半島の非核化》に合意したとされる習氏に拒む理由はない。「北朝鮮大好き」で在韓米軍撤退を念頭に置く戦時作戦統制権返還要求を優先する韓国の文在寅大統領も飛び付き、在韓米軍撤退=米韓同盟の劣化→消滅へと舵が切られる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ