産経ニュース

【映画深層】「聖なるもの」は映画への片思い

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【映画深層】
「聖なるもの」は映画への片思い

岩切一空監督作「聖なるもの」の1場面 (C)2017『聖なるもの』フィルムパートナーズ 岩切一空監督作「聖なるもの」の1場面 (C)2017『聖なるもの』フィルムパートナーズ

 実は前作の「花に嵐」もPOVの手法で撮られている。大学の映画サークルに入って初めてカメラを手にした主人公が映画に魅入られるまでを描いた作品だったが、「聖なるもの」では映画に魅入られたものの映画に選ばれない人を取り上げた。次は映画に選ばれなかった人がどうするかという話を、やはりPOVで撮れればと考えている。

 「3部作なのかわからないが、それで初めて完結するのかなという気がする」と話すが、そのためには「聖なるもの」は極めて重要だと思っている。

 「現実には、やりたいからやる、じゃできないときもある。それでもあらがえない魅力が映画や少女役の南さんにはあって、それに片思いをしてしまう。この映画のことを全然知らないけどふらっと映画館に入って、見てみたらよくわからなかったけどすごかった、みたいな状態になってくれるとうれしいですね」(文化部 藤井克郎)

 「聖なるもの」は、4月14日から東京・ポレポレ東中野、7月14日から宇都宮ヒカリ座、ほか名古屋シネマテーク、大阪・シネ・ヌーヴォ、広島・横川シネマなどで順次公開。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「聖なるもの」は映画への片思い
  • 「聖なるもの」は映画への片思い
  • 「聖なるもの」は映画への片思い

「ニュース」のランキング