PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】親はどうかかわるべきか?

Messenger

 例1に関しては、就活以前からの関わり方に問題があったように思います。本来、子供が立ち向かうべき障害に、先に親がアプローチしてしまうので、主体性と問題解決力が下がってしまったケースです。就活においても、親の過剰な関与は、良い結果を生まないことを示しています。

 例2は、親の就活に対する認識が誤っていたケースです。親が認識している就活の本質と実体が異なっていたために、子供が全般的に誤ったアピールを実践してしまいました。このことから分かるのは、必ずしも親の認識が正しいとはかぎらないことだと思います。

 それに加えて、就活は、本人が面接を受ける以上、本人の力が純粋に試されてしまう活動です。今まで、お膳立てされることに慣れすぎた子供には非常に厳しいといえると思います。

 厳しい状況下の子供をみてしまったら、親心としては手助けしたくなるのが当然かもしれません。しかし、上記2例から分かる通り、親が過剰な手助けをすると、良い結果に結びつきません。エントリーシートや面接を代理で行うなどの具体的な手助けは、特に良い結果を生まないように思います。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ