産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】親はどうかかわるべきか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
親はどうかかわるべきか?

就職活動が解禁となった3月1日、企業説明会の会場には大勢の学生が並んだ=大阪市住之江(前川純一郎撮影) 就職活動が解禁となった3月1日、企業説明会の会場には大勢の学生が並んだ=大阪市住之江(前川純一郎撮影)

 就活塾・予備校「内定塾」の創業時と比べ、ご両親が就職活動の問い合わせをしてくるケースは年々増えているように感じています。以下、顕著な例ですが、実際に知っている親の関わり方をいくつか紹介したいと思います。

【例1】

 Aさんは、常に母親の過保護の下、育てられてきた。母は部活や習い事においても、監督や先生に意見するほど、強引な関わり方をしてきた。当然、就活も全般において関わり、常にAさんの行動を把握する徹底ぶり。ついには、Aさんの行動力を見兼ねて、母が勝手にエントリーシートを書いて提出し始めてしまう。これにより、Aさんは主体性が大きくそがれてしまい、就職活動を続けるモチベーションを失ってしまう。

【例2】

 B君の父親は、有名企業の人事経験者。父は就活に関して、誰よりも理解している自負があった。エントリーシートの書き方から始まり、面接の受け答えまで、全てを父流で指導。B君は有名大学に通っているにも関わらず、エントリーシートが8割の企業で落とされてしまった。

 基本的には、適切な距離感と、誠意を持って子供と向き合うご両親が多いのですが、上記のようなケースが近年は増えてきたように思います。

続きを読む

「ニュース」のランキング