産経ニュース

【中国探訪】中朝国境・丹東 金正恩氏の電撃訪中直後、北朝鮮から貿易商が続々流入…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中国探訪】
中朝国境・丹東 金正恩氏の電撃訪中直後、北朝鮮から貿易商が続々流入…

北朝鮮側から中朝友誼橋を通って中国丹東市内に入るトラック(藤本欣也撮影) 北朝鮮側から中朝友誼橋を通って中国丹東市内に入るトラック(藤本欣也撮影)

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の中国訪問により両国関係が改善に向かう中、北朝鮮側が国際社会の経済制裁解除後をにらんで動き始めた。中朝国境最大の街、中国遼寧省丹東がその舞台だ。北朝鮮から貿易商らが続々と流入し、窓口の中国企業に受注再開を指示するなどしている。「丹東を中国東北部の深●(=土へんに川)に!」。朝鮮半島の緊張緩和を受け、中国の業者の間でも期待は高まるばかりだ。

 丹東市内にある大型の北朝鮮レストラン、柳京酒店は3月28日に営業を再開した。以前同様、北朝鮮の女性従業員たちが働き、歌や踊りを披露している。

 「まさか…この丹東にいらっしゃるなんて…本当に感激いたしました」

 金正恩氏は訪中の際に特別列車で丹東を通ったのだが、平壌出身の20代の女性従業員は顔を真っ赤にしてその喜びを語った。

 同店は、北朝鮮系企業の閉鎖を命じた国連安全保障理事会の対北制裁決議を受けて1月上旬に突然閉店。経営母体を中国企業に衣替えして営業再開にこぎ着けたとみられている。

 ちょうど金正恩氏が訪中を終えて帰国した日に営業を再開したため、丹東では同店の復活について「中朝関係改善の象徴」のように受け止められていた。

□ □

 「5月以降、月亮島のマンション価格が高騰しますよ。今が投資のチャンスです。これからの2年で価格は3倍になります!」

 「丹東未来不動産運営有限公司」の金東振会長は3月中旬に取材をした際、こう強調していた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中朝国境・丹東 金正恩氏の電撃訪中直後、北朝鮮から貿易商が続々流入…
  • 中朝国境・丹東 金正恩氏の電撃訪中直後、北朝鮮から貿易商が続々流入…
  • 中朝国境・丹東 金正恩氏の電撃訪中直後、北朝鮮から貿易商が続々流入…
  • 中朝国境・丹東 金正恩氏の電撃訪中直後、北朝鮮から貿易商が続々流入…

「ニュース」のランキング