PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】韓国サッカーのエース、ソン・フンミンに「兵役」の難題浮上 移籍金約118億円が霧散!?

韓国サッカー界のエース、ソン・フンミンに兵役の難問が立ちはだかっている(ロイター)
Messenger

 今や韓国サッカー界を代表するエースストライカーと称されるソン・フンミン(25、トットナム)が、“難局”に立たされている。韓国男性の義務である兵役の免除資格を得ておらず、このままでは2019年に入隊せざるを得ない。韓国ではここ数年、兵役忌避が社会問題化しているが、今回のソン・フンミンの事例でスポーツ選手の兵役関連規定の改定を求める意見も出ているという。

 「トットナムがソン・フンミンを2年間失うかもしれない」-。英紙「サン」の報道がこの問題の火付け役だった。韓国の中央日報(日本語電子版)も最近、「ソン・フンミンの兵役問題が国内外で話題」と伝えた。東亜日報(同)も「ソン・フンミン最大の悩みは兵役である」と報じた。

 韓国では男性に兵役の義務があり、ソン・フンミンの場合、満28歳になる前に21カ月間の服務に就かなければならないのだ。

 韓国の兵役法では、正当な理由なく入営を拒否すると3年以下の懲役が科される。それでも自らの身体を傷つけたり、精神疾患を偽るなどして兵役逃れをして逮捕される事例が頻発している。大統領選の公約に兵役期間(21カ月~36カ月)の短縮が盛り込まれるほどだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ