PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】第1回御前会議 形勢を左右した枢密院議長の発言

画=筑紫直弘
Messenger

大日本帝国最後の一週間(5)

 昭和20年8月9日深夜、皇居の地下防空壕・御文庫附属室に集まった政軍首脳は、身を固くして昭和天皇を待った。

 同日未明にソ連軍が満州に侵攻、正午前には長崎に原爆が落とされ、国内外の戦争被害が急拡大している。ポツダム宣言を受諾して終戦するか、より多くの条件が認められるまで抗戦するか-。これから日本の運命を決める天皇臨席の最高戦争指導会議、すなわち御前会議が始まるのだ。

 出席するのは鈴木貫太郎首相、東郷茂徳外相、阿南惟幾(これちか)陸相、米内光政海相、梅津美治郎参謀総長、豊田副武(そえむ)軍令部総長の6人と、鈴木の意向で加わった枢密院議長の平沼騏一郎。

 このうち鈴木、東郷、米内が終戦派。阿南、梅津、豊田が抗戦派で、平沼の態度次第で流れが大きく変わることになる。

 日付が変わった10日午前零時3分、昭和天皇が侍従武官長の先導で入室、御前会議が始まった。

 総合計画局長官として陪席した池田純久によれば、最初に鈴木が臨時閣議の経緯を説明し、東郷が改めてポツダム宣言の受諾条件について訴えた。

 「情勢から見て、多くの条件を出すことは全部を拒絶せらるる危険があります。ただ一つのものを提案するのがよいと思います。それは皇室の護持安泰であります」

 米内が言った。

 「外務大臣の意見に同意します」

 阿南は反論した。

 「外務大臣の意見には全然反対であります。あくまで戦争遂行に邁進(まいしん)すべきものと考えます。ただし和平を行うとせば、この四条件(国体護持のほか戦争責任者の自国処罰、自主的な武装解除、保障占領の拒否)は絶対的なものであります」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ