産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】圧力、罵詈雑言…安易な内定辞退に感情的に対応する大手企業の実例

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
圧力、罵詈雑言…安易な内定辞退に感情的に対応する大手企業の実例

企業の合同会社説明会に臨む学生ら=3月1日、東京都文京区 企業の合同会社説明会に臨む学生ら=3月1日、東京都文京区

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。就活は、世の経済状況や世相を反映しやすく、内定塾の講師をしている中でも、それを敏感に感じます。バブル期の就活と異なる点として、内定辞退の数が増えたことが挙げられます。バブル期は、数社、場合によっては1社で内定を獲得できる時代でした。しかし、近年は学生の大手志向が強くなった影響で、一部の企業に学生が集中しています。結果として、内定を獲得できない学生が増え、就活生の危機感をあおることになりました。さらに、リーマンショック後は一部の企業が「内定取り消し」をしたため、学生が企業への不信感を募らせました。学生はリスクヘッジのために多くの企業を受け、多くの内定を獲得するという行動に出ました。

 つまり、質より量を求め始めたのです。そして、企業が新卒に求める人物像が似通っている関係で、一部の学生に内定が偏るようになりました。複数社の内定を獲得した学生でも、入社できるのは1社のみのため、他の企業の内定を辞退する必要が出ます。こうして、多数の内定辞退を生み出す状況になりました。

 企業によっては、大手でも6~7割の内定辞退が出ているという話を聞いたことがあります。1年前から莫大(ばくだい)な予算をかけて準備してきた企業にとっては、たまったものではありません。学生が安易に内定を辞退することに対し、企業も感情的に対応するケースが増えています。講師を務める中で聞いた話を紹介します。

続きを読む

「ニュース」のランキング