PR

ニュース プレミアム

【公文書改竄 元財務官僚・高橋洋一が斬る】(中)財務省は忖度しない

Messenger

 内閣人事局ができたことで、官邸が官僚をコントロールする力が強まり、財務省が官邸に忖度せざるを得なくなったという議論も、他省庁はともかく財務省には当てはまりません。天下りを含め、財務省の意向に反した人事は行われていません。多少意に沿わない人事があったとしても「官邸に貸しを作った」という程度です。

 財務省が国税庁を持っているのも強い。政治家の税金関係はすぐに分かる。私が地方の税務署長だったときに、ある政治家から税務署に電話があり、本人と会ったところ「税金を納めたい」といってきたことがありました。税金未納者に自動的に納税を促すシステムがあり、それが届いたようです。予算編成で陳情を受けたこともあり、官僚時代に政治家を恐れたことはありません。

 むしろ、首相でさえ財務省に忖度するほどです。第1次安倍政権当時、安倍首相が天下り案件について「仕方ないか」と言っていたのを聞いたことがあります。財務省の官僚は、政治家に従うどころか、逆らったり、政治家を使って自分の意を通すことで省内でも評価されます。忖度などしたら、省内で評価を落とします。政権ではなく自分の人事を握る直属の上司だけをみているものですよ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ