PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】運命の御前会議開催へ 「陛下は非常な御決心でおられる」

画=筑紫直弘
Messenger

大日本帝国最後の一週間(4)

 昭和20年8月9日午後10時55分《(昭和天皇は)内閣総理大臣鈴木貫太郎・外務大臣東郷茂徳に謁(えつ)を賜(たま)う。外相より、現在までのポツダム宣言の受諾条件をめぐる議事の経緯につき説明を御聴取になる。また首相より、最高戦争指導会議への親臨(天皇臨席)につき奏請を受けられる。両名退下後の十一時二十分、最高戦争指導会議への親臨に関する内閣上奏書類を御裁可になる》(昭和天皇実録34巻33頁)

 戦争の即時終結に向け、天皇臨席の最高戦争指導会議、すなわち御前会議の開催を求める首相と外相--。『昭和天皇実録』には記されていないが、このとき昭和天皇は、聖断を下す決心でいたようだ。

 重光葵(まもる)元外相の手記「鐘漏(しょうろう)閣記」に、昭和天皇の決心の一端がうかがえる。

 首相らが拝謁する前の9日午後4時、重光は木戸幸一内大臣に面会を求め、ポツダム宣言に国体護持以外の受諾条件をつけないよう、「此際(このさい)は天皇御勅裁(聖断)の必要なこと」を申し入れた。

 これに対し木戸は、「君らは何でもかんでも、勅裁、勅裁といって、陛下に御迷惑をかけようとする。いったい政府や外務省は何をしているのか」と非常に不機嫌であったという。

 だがその後、重光の説得を受けて昭和天皇に拝謁した木戸は、再び重光に会い、喜色を浮かべて言った。

 「陛下は万事よく御了解で非常な御決心でおられる。君らは心配はない。それで今夜ただちに御前会議を開いて、御前で意見を吐き、勅裁を仰いで決定するように内閣側で手続きをとるようにしようではないか」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ