PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】韓国サッカー、W杯“死の組”で16強という強気の目標 達成できなければ怒り

韓国の申台龍監督はW杯16強を実現させるため、早くも代表メンバーの大半を選定した(AP)
Messenger

 6月に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会へ向け、32の出場国は準備の最終段階を迎えている。韓国も例外ではない。韓国サッカー協会は3月12日、3月の欧州遠征(24日・アイルランド、28日・ポーランド)代表メンバー23人を発表。申台龍(シン・テヨン)代表監督は今回招集したメンバーの80%がロシア大会に直結すると明言した。

 早い陣容確定だが、申監督は最大の不安要素に挙げた「守備」対策として、守備陣にはKリーグ・全北現代の選手を中心に招集するという大胆な布陣を敷いた。W杯アジア最終予選ではA組ワースト2位と守備が崩壊し、辛うじて9大会連続出場を獲得、サポーターからは「この実力でW杯に出るのが恥ずかしい」と激怒されたほどだ。

 ロシアW杯では前回覇者ドイツなどが入る“死の組”で戦うが、指揮官は「16強以上も可能」と強気。1次リーグ突破の可能性は18%という予想もあり、1次リーグ敗退が現実となれば、結果至上主義の韓国でサポーターの怒りを買うのは必至だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ