PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】欧州中銀の総裁ポスト 「盟主」ドイツは“悲願”の獲得なるか

Messenger

 世界の主な中央銀行のトップ人事は、2月に米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が就任し、4月に任期が満了する日銀の黒田東彦総裁の再任も国会の同意を得た。次は、2019年秋に任期が切れる欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の後任人事に注目が集まる。欧州最大の経済大国でありながら総裁を一度も出したことがないドイツの出身者がその座を射止めるかが焦点となる。

 ECBは1998年の設立で、統一通貨ユーロを導入する19カ国の統一的な金融政策を担う中央銀行だ。歴代の総裁は、初代がオランダ出身のウィム・ドイセンベルク氏、2代目がフランス出身のジャン=クロード・トリシェ氏、そして3代目が現在のマリオ・ドラギ氏でイタリア出身。任期は8年間で、2011年11月1日に就任したドラギ氏は19年10月31日までだ。

 ドイツは、16年のユーロ圏の名目国内総生産(GDP)の29.1%を占め、経済規模は域内で突出している。ECBの本部も独フランクフルトにある。ECBの設立以降、執行部の一角をなす専務理事には一貫してドイツ出身者が名前を連ねてきたが、総裁、副総裁を一度も送り込んだことがない。

 今年5月31日に任期が切れるポルトガル出身のコンスタンシオ副総裁の後任には、スペインのデギンドス経済相が内定済みだ。ECB執行部は総裁と副総裁、4人の専務理事の計6人からなるが、その3分の2にあたる4人が19年末までに交代する予定で、執行部の顔ぶれは大きく変わる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ