産経ニュース

【経済インサイド】商品管理の主流は「バーコード」→「ICタグ」へ世代交代!? 最大の課題は価格…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
商品管理の主流は「バーコード」→「ICタグ」へ世代交代!? 最大の課題は価格…

 今やおなじみとなった、あらゆる商品に付いているバーコードが世代交代するかもしれない。経済産業省は2月、価格などの商品情報を記憶した「ICタグ」をコンビニエンスストアの商品に付ける実証実験を東京都内で実施した。買い物かごに入った商品をまとめて精算できるため、利用者はスムーズに買い物を楽しめる。店側にとってもICタグ対応のセルフレジを増やせば人手不足の解消につなげられるほか、在庫管理を効率的にできるなどメリットも大きい。

 「本当に今晩の食事を買いますよ」。

 2月14日の午後6時前、経産省地下1階のコンビニ「ファミリーマート」で世耕弘成経産相は、ICタグの実証実験に参加した。

 ペットボトル飲料などを買い物かごに入れると、専用のセルフレジにそのまま乗せ、電子マネーであっという間に精算。世耕氏は思わず「おおすごい!」と声を漏らし、その利便性に納得の様子だった。

 ICタグは厚さ1ミリ以下と薄いにもかかわらず、ICチップとアンテナを内蔵している。価格のほか、賞味期限、原材料、製造場所や日時など多くの情報を入力でき、商品に貼って管理できる。

 専用の機械(リーダー)を使って、無線により、数メートルの範囲で複数のICタグ情報を瞬時に読み取る。バーコードと違って、一つ一つ情報を読み取る手間がないため、顧客にとっては一瞬で精算できるメリットがある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 商品管理の主流は「バーコード」→「ICタグ」へ世代交代!? 最大の課題は価格…
  • 商品管理の主流は「バーコード」→「ICタグ」へ世代交代!? 最大の課題は価格…
  • 商品管理の主流は「バーコード」→「ICタグ」へ世代交代!? 最大の課題は価格…

「ニュース」のランキング