PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】鹿鳴館の地に新たな「ミッドタウン」 三井不動産が仕掛ける“文明開化”再現

「東京ミッドタウン日比谷」1階のアトリウムは意匠を施したデザインで、芸術の街・日比谷を意識させる=東京都千代田区(佐久間修志撮影)
Messenger

 東京・日比谷の新ランドマークとなる複合施設「東京ミッドタウン日比谷」が3月29日開業する。各エリアで再開発が進む東京都心だが、日比谷はかつて日本の近代文明化を象徴する外交との社交場、鹿鳴館(ろくめいかん)を擁し、今も劇場や映画館などが集積する芸術・文化拠点。開発する三井不動産はこうした歴史的伝統を受け継ぎ、日比谷を日本有数の芸術の街として深化させる狙いだ。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、“文明開化”の再現はなるのか-。

 「霞が関の官公庁街や丸の内などのビジネス街、銀座などの商業地という異なる特徴的なエリアの結節点であり、高度成長をリードしてきたアイデンティティーがある。この個性を生かして新たな価値を創造していきたい」。三井不動産の菰田正信社長は1月下旬の記者会見で、日比谷開発の成功に自信を見せた。

 ミッドタウン日比谷は地上35階(地下4階)建ての高層複合ビルで、約18万9000平方メートルの延べ床面積にオフィスや商業テナントが入居する。地下1階から地上7階までは商業エリアとして映画館やレストランなど60店舗が入る予定で、6階には別に、ベンチャー企業の支援拠点「BASE(ベース)Q」を設けた。

 三井不動産が、都心の複合型再開発の旗艦ブランド「東京ミッドタウン」の名称をつけるのは六本木に次いで2カ所目だ。満を持したネーミングには、菰田社長も強調した抜群の立地環境への期待の大きさがにじむ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ