PR

ニュース プレミアム

漫画海賊版は格好悪い サイト問題「最大の被害者は読者」弁護士に法的問題を聞く

Messenger

 ただ、福井弁護士は法規制と並んで、「海賊版=格好悪いという文化」の醸成こそ鍵だと訴える。

 「誰も見なければ、どんな海賊版サイトも滅びます。出版社側の営業努力や法規制とともに、海賊版を使うのはイケていない、という流れを育てることが大事です」

「有料化」を宣言するサイトまで

 ここへきて従来とは“異次元”といえるほどの規模の海賊版サイトが、存在感を高めている。数万点という漫画を高画質・無料で読ませ、月間の訪問者数(延べ)は億を超えるとされる。このサイトは3月に入り「有料化」を打ち出し、海賊版ビジネスを広げると宣言した。

 「このサイトは、『漫画家さんが無料で広告してくれた』と挑発的な記載をするなど、一部海賊版サイトに見られる“きれい事の言い訳”もありません。むしろ、既存の漫画ビジネスに対する何らかの破壊衝動があるのではないか、とすら感じるほどです」

 また、同サイトには「(日本の著作権法が適用されず)違法ではない」という説明がある。福井弁護士は、「日本の漫画ばかりを日本語のサイトで提供し、読者もほぼ日本からのアクセスである以上、“侵害の結果”は日本で発生しており、日本の法律(著作権法)は適用されるでしょう」との見解を示す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ