産経ニュース

【衝撃事件の核心】女子高生が通行人に胸触らせ撮影…過激投稿、ユーチューバーに潜む罠と危険

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
女子高生が通行人に胸触らせ撮影…過激投稿、ユーチューバーに潜む罠と危険

女子高生が東京・渋谷のハチ公前広場で身に付けていたバニーガール風衣装(警視庁提供) 女子高生が東京・渋谷のハチ公前広場で身に付けていたバニーガール風衣装(警視庁提供)

 約1カ月半後の今月12日、警視庁生活安全特別捜査隊は同条例違反(卑わいな言動)の疑いで、「フリーおっぱい」を企画し、実際に胸を触らせた私立高1年の女子生徒(16)=千葉県船橋市=と公立高3年の男子生徒(18)=相模原市=を書類送検。また、通行人が胸を触る動画を撮影して2人を手助けしたとする同法違反幇助(ほうじょ)の容疑で、映像制作会社社員の男性(23)=東京都三鷹市=も書類送検した。

 3人が撮影した動画は、警察が注意したこともあり、インターネット上にアップロードされなかった。

3人の関係性は…

 学校や身分、年齢、住まいもバラバラな3人を結びつけたのは、3人がいずれも動画投稿サイト上で活動する、いわゆる「ユーチューバー」だったという点だ。警視庁によると、女子生徒と男子生徒は音楽イベントで知り合った後、ともに動画投稿を行っていたことから意気投合。男子生徒と会社員は動画サイトの公開撮影で出会っていた。

 フリーおっぱいの企画は、女子生徒から男子生徒に提案し2人で詳細を考え、会社員は直前になって撮影を頼まれたという。

 女子生徒らは企画した理由を「再生回数を増やして広告料収入を得たかった」などと説明している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 女子高生が通行人に胸触らせ撮影…過激投稿、ユーチューバーに潜む罠と危険

関連トピックス

「ニュース」のランキング