PR

ニュース プレミアム

【TVクリップ】俳優、沢村一樹「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」(テレビ朝日系 25日午後9時)

「相国寺竜也として再登場、うれしい」と語る俳優の沢村一樹(宮川浩和撮影)
Messenger

相国寺竜也として再登場、うれしい

 昨年、テレビ朝日系で日本初映像化されたアガサ・クリスティの名作「そして誰もいなくなった」に、オリジナル・キャストとして登場した相国寺竜也が、クリスティの世界に帰ってきた。今回は「鏡は横にひび割れて」を原作とする2時間ドラマだ。

 「頭のどこかで、もう1回できたら、という思いがあった。実際にできるということは、前回の視聴者の反応が良かったということだろうから、うれしい」と喜びを隠さない。

 クリスティの物語を日本人キャストで日本を舞台に繰り広げるのは、昨年と同じ。「洋書を読むと、知らない地名、言葉や雰囲気に違和感があったりする。この作品の台本を読んだときもそんな違和感があったけれど、それはなじませるよりも、そのまま生かした方がいい。その方が面白いと思って演じた」と明かす。

 昨年の番組では荒川良々(あらかわ・よしよし)演じる多々良伴平とのコンビで謎解きに臨んだが、今回は岬笛子(水沢エレナ)が加わったトリオとなる。「コンビとトリオでは全然違う。もともと相国寺は、チームワークが苦手なタイプで、3人のチームワークというよりも、1つの目標に向かいつつも3人がかみ合わない部分が面白い」と笑う。見る側にとっても「3人の推理のうち、誰が正しいのかと考える楽しみもある」。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ