PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】韓国メディアが難癖 IOC選手委員にキム・ヨナが選出されなかった理由

平昌五輪に多大な貢献をしたキム・ヨナは、なぜかIOC選手委員に選出されなかった(納冨康撮影)
Messenger

 平昌五輪の期間中、国際オリンピック委員会(IOC)はアスリート委員会の新委員に3人を選出した。五輪期間中の恒例行事だが、選出委員をめぐって韓国メディアが沸騰していた。有力候補の1人に平昌五輪で広報大使を務めたキム・ヨナ(27)が下馬評に挙がっていたからだ。ところが、キム・ヨナは選ばれず、空騒ぎとなった。ソウル、平昌と2大会も五輪を開催していながら、五輪運営に意見が反映されるIOC選手委員が1人という現状に韓国の「スポーツ外交」能力の脆弱さを突き付ける形となった。

 IOC選手委員は、五輪参加選手による投票で選ばれる委員と、IOC会長の職権で任命される委員がいる。選挙は夏季、冬季の五輪開催期間中に実施。選手投票ではフィンランドと米国の選手が選出された。IOCのトーマス・バッハ会長が任命したのは、中国の2014年ソチ五輪スピードスケート女子1000メートル金メダリスト、張虹(29)だった。張の前任者は五輪で金2個を含むメダル5個を獲得した中国ショートトラックの楊揚(41)だった。

 この結果に韓国メディアは、世界のスポーツ界でもチャイナパワーが発揮される基盤が整えられたと報じた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ