PR

ニュース プレミアム

【法廷から】望まない妊娠で乳児を2度殺害 「お母さんにばらすぞ」と義父に追い込まれ

Messenger

 第2の殺害

 赤ちゃんを殺害した後も一美被告は何度も妊娠し、中絶を繰り返した。栄志被告と娘の関係を知った母親は、徐々にアルコールに溺れていったという。

 26年1月、一美被告は産婦人科を訪れ、妊娠していると告げられた。だが、中絶手術に支払うお金が手元になく、栄志被告にも費用の工面を断られてしまう。同年7月、出産した乳児を再び殺害した。「泣く前にやってしまえ」という栄志被告の言葉も、背中を押したという。乳児の遺体は2人でポリ袋に入れ、栄志被告が遺棄したとされる。

 中絶費用の工面を、他の人になぜ頼まなかったのか-。検察側の問いに、一美被告は「私自身、諦めてしまった。赤ちゃんの命を軽はずみに扱ってしまった」。そうポツリと答えた。

 その後、一美被告は会員制交流サイト(SNS)で知り合った愛知県の女性に家を出たいと相談し、28年2月に女性の自宅に身を寄せた。女性の子供たちと触れあううちに、良心の呵責(かしゃく)に耐えられなくなり、乳児を殺害したと女性に告白。そして警察に自首した。

 情状酌量されず

 判決公判の日、やや伏し目がちに入廷した一美被告は口を固く結んで着席し、裁判官らが入廷すると深々と頭を下げた。山崎威裁判長は、懲役4年とする主文を読み上げた。情状酌量を促し、弁護側が求めた執行猶予は付かなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ