PR

ニュース プレミアム

【衝撃事件の核心】カネの切れ目が縁の切れ目 学生狙ったマルチ商法グループの末路

Messenger

 同社では、無料通信アプリ「LINE(ライン)」などを使って友人を勧誘するよう指南しており、学生たちが受けた被害は金銭的なものだけにとどまらない。かけがえのない人間関係を壊す悪質マルチ商法に、消費者庁では「紹介料目当てで友人を勧誘すると、新たな消費者被害が起きてしまう。『必ずもうかる』という甘い話はきっぱりと断って」と注意を呼びかけている。

■マルチ商法=ある販売組織の加入者が別の消費者に商品を売って組織に加入させてマージンを受け取り、その加入者も他の者を次々と組織に加入させることにより、販売組織を拡大させていく販売方法。金品の受け渡しを目的とした「ねずみ講」と異なり、マルチ商法そのものが犯罪ではないが、勧誘前に入会金などの負担が伴うことを告げないといった行為は特定商取引法で規制されている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ