産経ニュース

【法廷から】「ちっちゃい骨にしようと…」千葉・酒々井町のバラバラ殺人 弟殺した姉は

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【法廷から】
「ちっちゃい骨にしようと…」千葉・酒々井町のバラバラ殺人 弟殺した姉は

死体損壊などの疑いで逮捕され、千葉県警本部に移送される竹内愛美容疑者(中央)=平成28年9月13日、県警佐倉署(林修太郎撮影) 死体損壊などの疑いで逮捕され、千葉県警本部に移送される竹内愛美容疑者(中央)=平成28年9月13日、県警佐倉署(林修太郎撮影)

 事件は8月31日、千葉県酒々井町で愛美被告と同居する弟の諒さん=当時(21)=が、何らかの方法で殺された。9月12日、諒さんのツイッターが約2週間更新されないことを心配した友人らが、家を訪れる。応対した愛美被告は「諒はいない」と答えたが、友人らは不審に思い、110番通報した。

 駆け付け、家に入った千葉県警佐倉署の署員は、悪臭漂う異様な光景を目にした。1階のリビングには人の肉片が入ったポリ袋が見つかり、トイレは血のついたトイレットペーパーが詰まっていた。2階の冷蔵庫からは、肉をはがされ、一部に霜が降りた人骨も見つかった。冷凍庫には、頭蓋骨もあった。

 愛美被告は県警の調べに、「遺体をごみに出した」と話し、近所のごみ集積所にも遺体の一部が入ったポリ袋が置かれていた。DNA鑑定の結果、遺体は諒さんと判明した。

 検察側は、愛美被告に懲役18年を求刑した。裁判員は、姉の犯行をどう判断するのだろうか。判決は3月5日に言い渡される。

このニュースの写真

  • 「ちっちゃい骨にしようと…」千葉・酒々井町のバラバラ殺人 弟殺した姉は
  • 「ちっちゃい骨にしようと…」千葉・酒々井町のバラバラ殺人 弟殺した姉は

「ニュース」のランキング