産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】左派のどこが「リベラル」か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
左派のどこが「リベラル」か

社民党の会合に臨む(左から)又市氏、福島氏、吉田氏=東京・永田町の憲政記念館 社民党の会合に臨む(左から)又市氏、福島氏、吉田氏=東京・永田町の憲政記念館

矛盾した言葉で偽装

 リベラルとは、左派が自らを偽装する言葉であるようだ。自民党の山崎拓・元副総裁は「党にリベラルがいなくなった」と嘆いているが、左派がいるほうがおかしかったのではないか。

 大和大の岩田温専任講師の新著『「リベラル」という病 奇怪すぎる日本型反知性主義』をひもとくと、さらに辛辣だった。

 「日本でリベラルを自称する人たちには、顕著な特徴がある。それは、現実をみつめようとせず、愚かな観念論に固執することだ」

 「日本列島の中で『リベラル』たちは、他の世界のリベラルとは異なる独自の退化を続けた。(中略)特殊な退化を続ける日本の『リベラル』をガラパゴス左翼と呼ぶことにしたい」

続きを読む

「ニュース」のランキング